初めての方でも安心!研修施設を選ぶ上で押さえておくべきポイントなどを分かりやすく解説!

総務課に所属となり、初めて研修施設を探さないといけないという人は、どういったところをポイントで選んだら良いのか悩んでしまうことでしょう。
研修場所はたくさん存在しており、どこを利用するかはその人の裁量によって変わってきます。
そんな場所の選び方について、おすすめはどこなのか?この記事では施設のポイントや着眼点について紹介していきます。
まずは立地などを確認して決めておくと、後でトラブルが起きにくくなるのです。

初めての方でも安心!研修施設を選ぶ上で押さえておくべきポイントなどを分かりやすく解説!

研修施設を選ぶことに重要なのは、まずは立地が良いかです。
立地が悪いと研修に参加する人も場所が悪くて足取りが重くなってしまいますし、帰りにスムーズに帰ることができません。
きちんと帰りまで無事に帰すのは、社会人であるとはいえ開催する方も気を付けておく必要があります。
研修施設の選び方は、1に立地、2に金額ではないでしょうか。
場所代が安くて、できるだけ広い場所を探しておくとゆったりとした場所を確保できるのです。

そもそも研修施設とは?どのようなシーンで利用されている?

研修施設は、主に教育や指導、セミナーなどを開催することが可能な施設で宿泊もできるような設備までも整っています。
主に想定される利用シーンは、企業の新人の他、役職者などの研修、さらには起業家向けなど様々と人を集めて行う場合です。
企業以外でも各種団体でも利用されることもあり、それでも人材の教育をメインにすることが多い傾向があります。
今後も人材活用や登用が経済成長のキーワードとなりますので、政府の投資推進の中でも重要となります。
以前より企業の求人広告などでも各種研修が盛んに開催しているなどを売りにしていることもあり、入社後でもそれを受けることで仕事に馴染むことができるとアピールしています。
つまり研修施設の利用シーンでは、仕事に関連する教育を主に学習できる場として、研修施設が機能していると見て良いです。
確かに企業は即戦力を欲しているのは事実ですが、未経験や資格がない方でも有効的に人材を活用して行かなければいけない時代が来ています。
研修施設で研修を受講することで、即戦力に近い人材を養成することは重要な視点になります。

研修施設にはどのような種類がある?

研修施設にはいくつかの種類があり、用途にあわせて選ぶことが出来ます。
貸会議室は民間・公営があって数人から数百人探知まで色々な広さが揃っていて、机・椅子・ホワイトボードなど基本的な設備は揃っていることが多いです。
カンファレンスルームは、数十人から数百人の収容人数に対応するところが殆どで、貸会議室よりグレードが高いことが多くて重要な会議・イベントなどで使えます。
セミナールームは、こちらも少人数から大人数まで対応可能で研修やセミナーで使う時に必要な設備が整っていてスクリーン・音響施設なども備えてます。
ホテルも研修施設として使うことも出来て、アクセスが便利な所が多くてクローク・ドリンクサービスなど、サービス面が充実してます。
こちらも数人から1,000人以上までと広さや用途は多岐です。
イベントホールも収容人数が幅広く対応していて、会議など以外にも展示会・各種の催しに利用されてます。
映像・音響施設・照明など大規模な集会での利用を踏まえた設備も整ってます。

研修施設を利用するメリットとは?

研修施設は、主に社会人や学生向けのための施設で各種教育や親交などを深めるための施設です。
大抵の研修施設では、宿泊することができたり、人が集めることができる教室などが備わっています。
それを利用するメリットは、簡単に言えば研修できる設備が整っており、教育や指導を受けさせる上で最適である点です。
それと多くの人を収容できる点でも良く、人数が多くても十分に対応できる点でも優れています。
なお全国でも様々な場所に研修施設が存在し、例えば駅近くの好立地な場所にある他に、のどかな山奥や海辺といった場所にも見ることが可能です。
このように立地に拘りたい、自然を満喫したいなどの目的やシーンに応じて利用できる点でもメリットがあり、各種団体の目的を果たす上でも優れた施設になります。
ホテルや旅館に近い点がありますが、研修施設だと比較的にリーズナブルな料金体系になることも多く、経費を削減したい団体にとっても無理なく利用することが可能です。

研修施設を利用する際の一連の流れ

研修施設を利用する際の一連の流れとしては、利用のための予約と利用の準備から設営・片付けまでのものとなります。
研修施設というだけあって、必要な資材は基本的揃っているため利用者側は当日のテキスト類やプレゼンデータだけ準備すれば基本的には対処可能です。
テキスト類も、前日までに郵送して置けば施設側が預かってくれるため当日は手ぶらで行くことも可能という点がメリットになります。
当日開始1時間くらい前に入って設営準備を行い15分前くらいから受講生を受け入れる流れが一般的ですが、初めて施設を利用する場合は備品の事前確認や追加の備品の調整などゆとりをもって入館すると良いでしょう。
例えばホワイトボードを多く利用するといったケースも内容によっては想定されますので、事前に仕様書を作成の上施設側とも調節するとトラブルの原因になりません。
いずれにしても事前準備が肝要であり、それによって成果も変わってくるというのが特徴になります。

研修施設に関する情報サイト
研修施設選びのポイント

総務課に所属となり、初めて研修施設を探さないといけないという人は、どういったところをポイントで選んだら良いのか悩んでしまうことでしょう。研修場所はたくさん存在しており、どこを利用するかはその人の裁量によって変わってきます。そんな場所の選び方について、おすすめはどこなのか?この記事では施設のポイントや着眼点について紹介していきます。まずは立地などを確認して決めておくと、後でトラブルが起きにくくなるのです。

Search